子ども向けの歯医者を利用する

子どものことを考慮している歯医者

最も良い方法は、子ども向けの歯医者に行くことです。
そこでは、待合室で楽しく過ごせるような工夫をしています。
オモチャや絵本があれば、楽しく自分の順番を待てるでしょう。
最初は、歯医者に対して恐怖心を持っていたかもしれません。
ですが待合室で遊んでいるうちに、恐怖心がなくなる可能性があります。

子どもが利用することを想定していない歯医者は、そのような準備がありません。
待合室で、黙って待っていることになります。
途中で治療の音が聞こえるので、恐怖心が強くなってしまうかもしれません。
子どもが小さいうちは、子ども向けの歯医者に行くことをおすすめします。
最初の印象が良ければ、これからも歯医者を嫌いになることはありません。

雰囲気を明るくする努力

壁紙によっても、雰囲気が大きく変わります。
明るい色の壁紙だったり、柄の入った壁紙なら楽しい気分になれるでしょう。
子どもを連れて行くなら、そのような雰囲気の歯医者を選択してください。
院内の様子を、確認してから行くことが大切です。
サイトを見れば、待合室の様子がわかります。

子どもは歯医者に行くことに抵抗を感じているかもしれませんが、明るい雰囲気だと伝えると、大人しく従ってくれると思います。
どこに連れて行かれるのかわからないと、子どもの恐怖心は大きくなります。
歯医者だということを、変に隠さないでください。
こんな雰囲気の歯医者だと説明していれば、恐怖心が大きくなることを回避できます。
子どもと一緒に、歯医者を探しましょう。